転勤族ママの満足度高めな暮らし方

転勤族・4歳差の姉弟の子育て中・毎日をご機嫌に暮らしたいアラフォーママ☆暮らしの満足度を高めるべく試行錯誤中に得た知識・知恵・考え方など綴ります

転勤族ママが「派遣社員」という働き方を目指した理由とメリット

f:id:gran-valle7:20181003152533j:plain

当記事執筆時点(2018年10月)で、私は第2子の出産を控え、産前休暇を取得中です。

そんな私の職業は・・・派遣社員

 

派遣という働き方への認識が乏しく、
派遣社員は妊娠したら、出産前に派遣先との契約が切れて無職になるものだと思っていました。
出産前に退職扱いになるものと思っていたのです。

 

ところが、第1子出産後、ずっと派遣社員として働いていて育児休暇取得中というママ友に出会いました。 

「えっ?!派遣でも育休取れるの??」
驚いた私が、その後派遣としての働き方について情報収集を始めたのは言うまでもありません。

 

調べてみると、派遣社員は転勤族の私にとってメリットがいっぱい♪
当時専業主婦(無職)だった私は、娘を保育園に入園させることが困難で、すぐには派遣社員への転職はできず、別の仕事を選びましたが、
その後、娘の保育園入園が決まった時点で、派遣社員を目指して行動し始め、転職に成功しました!

 

今回は、転勤族ママの私が

  • 派遣社員を目指した理由
  • 派遣という働き方を選ぶメリット

をお伝えしたいと思います。

 

転勤族ママが派遣社員を目指した理由

育児休暇を取得できる可能性がある

育児休暇を取得するには一定の条件を満たす必要がありますが、
この一定の条件を満たしていれば育児休暇を取得することができます。

条件は、派遣元(派遣登録し、雇用契約を結んでいる派遣会社)により多少差はあるかもしれませんが、
私の派遣元の派遣会社の場合、以下の条件を満たしていれば取得可能です。
1.派遣元の派遣会社と1年以上継続して(1ヶ月以上契約の間が空かずに)雇用契約がある
2.育児休暇取得の申し出をした時点で、週3日以上の雇用契約がある
3.育児休暇取得後も引き続き、派遣元での就業を希望する

上記条件のうち、1.については、派遣先企業(実際に派遣される先の企業、実際の就業先)での就業が1年に満たない場合でも、同じ派遣会社から派遣されていて、その派遣会社との雇用契約が1年以上であれば、条件を満たすことになります。
派遣社員は3ヶ月や6ヶ月単位での契約が多く、
同じ就業先で何度も契約を更新しながら長く働く人、
契約を更新せずに就業先を変える人、
色々な働き方の人がいますが、派遣元の派遣会社が同じであれば、社会保険等も継続して加入し続けられますし、育児休暇や介護休暇なども取得しやすくなります。

契約を更新せずに派遣先を変更する場合には、1ヶ月以上非稼働期間ができないように注意が必要ですね。
育休取得要件を満たさなくなる以外にも、社会保険を継続できなくなったり、有給休暇が消滅したりしますので。

 

3.については、転勤族ママにとって、とても大きなメリットです!
例えば育児休暇取得中に、転居を伴う転勤が発生したとして、
正社員や契約社員等、就業先企業と直接雇用契約を結ぶ雇用形態にある人は、
転居先で継続して働くことができなくなる場合には退職せざるを得なくなります。
(転居先に支社等があったり、全国展開している企業だったりで、継続して同じ企業内で異動扱いにしてもらえて勤務とかできればいいですが、なかなかそんな企業多くないし難しそうですよね。)
育児休暇は、休暇取得後も継続して働きたい人のための休暇なので、
退職となると、その時点で育児休暇もなくなってしまうのです。

しかし、派遣の場合、派遣元が同じであれば、全国どこに引っ越したとしても継続して働けるのです。
育児休暇を終えて、派遣元で新たな就業先を紹介してもらって、希望の仕事がないという状況に陥ってしまう可能性もあるかもしれませんが、
それでも、同一派遣元での就業を希望し続けることはできるのです!
希望し続ける限り育児休暇を取得し続けられるのは、非常にありがたいです。

 

職種、勤務時間、勤務地など、希望通りの働き方ができる

転勤族にとってと言うよりは、ママにとって重視したい点かもしれません。

育児中の女性とはいえ、バリバリ働きたい人、キャリアアップを望む人、家庭や子供のことを重視したい人、適度なバランスを保ちたい人、などなど、仕事への考え方はひとそれぞれなので、ママと一括りにはできませんが、 
私の場合は、
「得意分野を生かして可能な限り稼ぎたい」⇒これまでの経験を生かせる職種
「残業はしたくない」「家庭や子供のことも重視したい」⇒残業なし
「昇進や社員登用などは興味ない」⇒紹介予定派遣は対象外
「通勤しやすいところがいい」⇒勤務先のエリアや条件にこだわりあり
で、就業先を探しました。

自分の希望を明確にして仕事を探せるのは、派遣社員のいいところだと思います。

就業先を探している時は、派遣元のコーディネーターの方からお仕事紹介の電話等も頂けます。
が、こちらが望んでいる条件の縛りを少し緩めた、「こんな仕事もあるけどどうでしょうか?」という打診の電話も結構あるので、
絶対に譲れない条件、多少は妥協できる条件、条件の優先順位等は、はっきりさせておいた方がベターです。

 

希望の条件の仕事が見つかって、上手く話が進んで、派遣社員として就業開始となれば、
その条件のまま働き続けることができます。
正社員だと異動があったり、それに伴って勤務地や職種が変わったりすることがありますが、
派遣社員の場合は、契約内容に変更が生じる場合は更新の際に明示され、
受け入れられない場合は更新せずに就業先を変えることになります。

時給が高い

私の住む神奈川県では、平成30年の最低賃金は983円ということで、
近隣で募集しているパート等の時給は、1000円台が多いです。

派遣社員の時給は、勤務地によっても職種によっても差がありますが、
横浜市で事務職派遣だと、時給1400円以上が多いように感じます。

都内勤務だと、神奈川県より100円ほど時給は高め、というのが相場らしいです。

 

私は都心に出やすい路線の沿線に住んでおり、都内の企業での就業を希望しました。
十分な時給を頂けたので大満足です。

転勤族ママが「派遣」という働き方を選ぶメリット

契約期間が決まっているから転勤に伴う転居にも対応できる

転勤辞令が出て、実際の転居までの期間は会社によって違うので、一概には言えませんが、
我が家の場合は、転勤辞令が出てから実際の転勤まで約2か月の準備期間があります。
(毎年4月付の異動の辞令が、1月末には本人に知らされる感じ)

 

元々、派遣先の上司や同僚にも、派遣元の営業担当者にも、
我が家が転勤族で、年度が変わるタイミングで転勤があり、転居を伴う場合はやめる可能性があるかもしれないことは伝えてありますが、
いざ「転勤になりました、引越しするので仕事辞めます」という時に、
元々3ヶ月契約を更新し続ける働き方をしている身分なので、
「次は更新しません」で仕事を辞められるというのは、とても気が楽です。
(もちろん引き継ぎはちゃんとしないといけませんよ!)

 

自分で言うのもどうかと思いますが、割と責任感が強い方で(特に忙しい職場だったり忙しい時期だったりすると)辞めるのが申し訳ない気持ちになるので、
「契約期間が決まっている」というやむを得ない理由としてポジティブに捉えています。

転居先でも同じ派遣元からの派遣就業ができれば雇用契約を継続できる

引越しのために退職するとなると、
それまで働いていた企業で社会保険に加入していれば、社会保険を脱退したり、
転居先で再就職する場合には就職(転職)活動をしたり、
慣れない環境で家庭のこと(引越し後の片付け、諸手続き等)をこなしながら行動するのはなかなか骨の折れることです。

直接雇用を目指して、
自分で求人情報誌ハローワークなどで就業先を探し、
自分で就業希望先に連絡をし、書類を作成し、面接に出向き、
採用可否に一喜一憂する。

・・・考えただけでしんどい(笑)

 

派遣社員も、新たな就業先への派遣が決まらなければ、雇用契約は継続できず無職状態になってしまうので、
一定期間内に就業先を決めないといけないとなると大変ではありますが、
派遣元からの仕事紹介を希望していればいろいろ紹介してもらえますし、
派遣元のサイトで仕事検索して、気に入った仕事があればエントリーして、
上手く話が進めば、自分で直接企業に応募するより遥かに早く仕事が決まります。

転居前の派遣元と同じ派遣会社から、無事に一定期間内に派遣就業が決まれば、
派遣元で加入していた社会保険は継続できますし、派遣元で付与された有給休暇も消滅せずに継続して使えます。

 

転居先で派遣元があまり紹介できる案件を持っていない場合は厳しいかもしれませんので、
全国規模で展開している派遣会社を利用した方が、転勤族にとってはメリットが大きいかと思います。

最後に

以上、派遣社員を目指した理由と、派遣社員という働き方を選んだメリットでした。

転勤に帯同する立場の人間にとって、「継続して働く」というのは無理なものと思っていましたが、
「同一雇用主の下で継続して働く」と考えたとき、派遣会社というのは、転勤族にとってとても大きな味方です。

全国どこに行っても紹介できる仕事(案件)を持っている派遣会社に登録して、実際にその派遣会社と雇用契約を結ぶことができれば、
転居を理由に働くことを諦める必要はありません。

働き方によるメリットやデメリットをきちんと把握して、自分に適した選択ができるといいですね。